脂漏性皮膚炎(湿疹)にステロイド剤は効かない? 治ると思って使い続けるとどんな危険がある?

悲惨な末路

皮膚科で脂漏性皮膚炎(湿疹)と診断されると処方される外用ステロイド剤。

即効性が高く、すぐにフケやかゆみを抑えてくれますが、だからといって使い続けてしまうのは危険です。

そもそもステロイド剤とは何か

ステロイドとは別名副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン剤とも言われ、炎症を鎮めるのに特化した薬です。

脂漏性皮膚炎はマラセチアというカビが出す脂肪酸によって、皮膚に炎症が起こる病気です。かゆみや痛みが出た際に患部へ塗ると、症状を緩和することができます。

ステロイドはその作用の強さによって5つの段階に分けることができます。

  • strongest
  • very strong
  • storong
  • mild
  • weak

※作用の強い順に並べています。

傾向として、顔に塗るステロイド剤には作用が弱いもの(優しいもの)、頭皮や体に塗るステロイド剤には作用が強いものが用いられる傾向にあります。

ステロイド剤は諸刃の剣?

ステロイド剤は即効性が高く、炎症の治療にも高い効果が期待できますが、その反面、長く使い続けるとさまざまな副作用が起きるリスクを孕んでいます。よく効く薬にはそれなりのワケがある、ということですね。

ステロイドの主な作用は二つあります。一つは前述した抗炎症作用、もう一つは免疫抑制作用です。このうち後者が、ステロイド剤を使う際のリスク(※)となります。

免疫とは、人の体にもともと備わっている防衛機能です。抗体とも言われます。人はこれを作り出すことで、外部から侵入してくる異物(細菌やウィルス)に対抗しています。

外用のステロイド剤を使い続けるのが危険なのは、ステロイド剤の主な作用の一つである免疫抑制作用により、塗布した場所の免疫や代謝が下がってしまうためです。

免疫が下がった頭に細菌などの菌が付着すると、ニキビや感染症が発症してしまい、余計に炎症がひどくなる場合があります。炎症を抑えるため剤を使ったのに、それによって炎症が悪化してしまったら、元も子もありませんね。

ステロイド剤を使うときは、作用によるリスクを回避するために以下の2点に気をつけましょう。

  • 入浴後など、患部が清潔な時に使う
  • 本当に必要な時にのみ使う(慢性的に使い続けるのは危険)

※免疫抑制作用は、アレルギー反応を抑えるときなどにはとても有効な作用です。

脂漏性皮膚炎のステロイド剤は対症療法でしかない

ステロイド剤はあくまで対症療法であり、脂漏性皮膚炎の根本を治療するものではありません。これは、脂漏性皮膚炎がどのように起こるかを考えればわかることです。

脂漏性皮膚炎を発症するまでのおおまかな流れは、以下の通りです。

  1. 生活習慣やホルモンバランスの乱れなどにより皮脂の過剰分泌が起こる
  2. 皮脂を餌とする皮膚のカビであるマラセチアが増殖する
  3. マラセチアが皮脂を分解して脂肪酸が作られる
  4. 脂肪酸が皮膚に刺激を与え皮膚炎が起こる

このうち、ステロイド剤が作用するのは「4」だけです。

これに加えて、先に述べた「ステロイド剤を使い続けることのリスク」を考えれば、ステロイド剤を使っているだけでは何も問題が解決しないどころか、マイナスにしかならない可能性があるということがわかると思います。

脂漏性皮膚炎対策に使うならステロイド剤ではなくビタミン剤を

皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎の薬は、ステロイド剤の他にもいくつかあります。

そのうち、ステロイド剤の次に代表的なのがビタミン製剤です。

脂漏性皮膚炎の原因の第一である皮脂の過剰分泌は、ビタミンを摂取することで正常化することができます。

ビタミン製剤はステロイド剤に比べ即効性はありませんが、その分リスクも低く、根本的な対策ができるので、おすすめです。

薬よりも日常生活の見直しが大事

脂漏性皮膚炎の特徴として、慢性的であることと、再発しやすいことがあげられます。

いくらステロイド剤やビタミン製剤を使って対処し、症状が収まったとしても、不規則な生活リズムを送っていたり、偏った食生活を送っていたりすれば、脂漏性皮膚炎を再度発症する可能性は非常に高いです。

そのため、脂漏性皮膚炎は薬での対策よりも日常生活における対策が重要になってきます。

今一度、自分が日常生活の中で脂漏性皮膚炎になりやすい要因を作っていないかを見直してみましょう。どんなことが脂漏性皮膚炎の原因になるかについては、以下の記事が参考になるでしょう。

脂漏性皮膚炎とは? (症状・原因・対策について)

これらをすべて徹底すれば脂漏性皮膚炎は必ず治る、というものを以下の記事にまとめてみました。

脂漏生皮膚炎を本気で治したいならこれら27項目を徹底せよ。治らないと嘆くのはそれからでも遅くない

まとめ

この記事ではステロイド剤が効かないのはなぜかということと、ステロイド剤を使い続けることのリスクについて書いてきました。

さんざんステロイド剤を否定するようなことを書いてきましたが、炎症によるかゆみや痛みがどうにもならない時は、ステロイド剤は高い効果を発揮してくれます。

とはいえやはり長く使い続けるのは危険なので、ステロイド剤を使うのであれば、なるべく短い期間で集中して使うようにしましょう。長くだらだら使い続けるのは危険です。

ステロイド剤は、あくまで炎症を抑えるためのもの。本当にかゆみや痛みがひどい時だけ使用して、症状が治まっているあいだに他の対策をしてきましょう。

個人的には、薬用シャンプーでの対策がおすすめです。脂漏性皮膚炎の対策を想定して造られたシャンプーには、脂漏性皮膚炎の直接の原因であるマラセチアの増殖を抑える成分が配合されています。市販の物に比べると若干高めですが、本当に治したいのであれば優先して使っていきたいところです。

有名なのは、持田ヘルスケアのコラージュフルフルですね。脂漏性皮膚炎の対策シャンプーとしては、日本で一番長い歴史を持つ製品です。医師からの信頼も厚く、おすすめです。

コラージュフルフルの詳細が気になる方は、以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

⇒ラージュフルフルネクストシャンプー すっきりさらさらタイプの成分・効果・ネット通販価格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする